自然葬の種類と注意点

自然葬とは、海や山など自然の大きな循環の中に回帰するような葬送の方法になります。最近は、自然葬を望む方が増えてきていますが、その理由として、故人の生前の希望で自然に帰りたいという思いが強い方以外に、葬儀に関する価値観の変化や核家族化、少子化によってこれまで家系を重んじた墓の管理体制が、維持出来なくなってきていることも原因となっています。自然葬にも色々な種類がありますが、樹木の生い茂る森の中に樹木を植えたりして、埋葬することを樹木葬と言い、樹木葬にも大きく2つに分かれていて、里山型樹木葬と公園型樹木葬になります。里山型樹木葬は、人が使いやすいように手を入れてきた森林で、自然を育てながらそこに埋葬する方法になります。

公園型樹木葬は、墓地内のシンボルツリーなどの周囲に共同や個別で埋葬する方法になります。宇宙葬は、遺骨の一部を専用のフライトカプセルに入れて、衛生ロケットで宇宙に運ぶ方法で、大気圏に突入して流星のように消滅します。海洋葬は、自然葬の中で一番選ばれる方法で、粉末化した遺灰や花を一緒に海へ埋葬する方法のことを言います。自然葬を行う注意点として、自然環境に配慮し許可がおりている場所で埋葬を行うことや、トラブルを避けるために故人の意思であることを、家族や親戚などに了承を得る事など、一般的にまだ認知されていないので、注意が必要となります。

やはり、専門の業者に依頼して行うのが一番良い方法で安心してお願いできます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です