自然葬における手続き

お墓ではなく、山や海などに遺体や遺灰を還すことを自然葬といいます。自然の大きな循環の中に回帰して行こうとする葬送のひとつで、従来の日本の墓石を使用した葬儀の方法とは異なり、直接遺体や遺骨を自然に還したり、墓標として人工物を使わないもののことも自然葬と呼びます。現在では、少子化や核家族化によって家系を重んじていた墓の管理体制が維持できなくなってきているなどの社会的な原因や、自然に帰りたいという思いが増えてきていることから自然葬を望む人は増加きているとされています。亡くなった人の希望によって、海や山に散骨するタイプと環境を守るために樹木を墓碑とするタイプなどがあります。

散骨するタイプのものは、遺骨を2mm以下に砕いて粉末状にし、許可を得た決められた場所に行って散灰させます。このとき必要なのが、土地の所有者に埋葬許可を得たり、業者などに連絡し、実施日や方法、場所などを知らせ、遺族が申し込む場合には戸籍謄本や火葬許可書のコピーなどが必要です。樹木を墓碑とする樹木葬野場合には、墓地や埋葬に関する法律によって許可された墓地や霊園に遺骨を埋葬します。墓地によって苗木を植えるケースや、墓地の中心のシンボルとなる樹木の周辺の区画に遺骨を埋葬するケースなどさまざまなな方法があります。

これには、通常の墓地と同じく埋火葬許可書が必要となります。自然葬は亡くなった人の意思やそれを尊重する遺族の意思によって行われますが、許可を得なければ死体遺棄の罪にもなるためしっかりと許可を得ることが大切です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です