自然葬の意義やその方法

日本では一般的に、葬送の方法として、火葬が主流でした。火葬によって、遺骨を先祖代々の墓に納める方法です。しかし最近では、自然葬と呼ばれる葬法に注目が集まっています。この方法では墓を用意する必要がなく、場所を取らないというメリットがあります。

広義では散骨と同じであるという見解もあります。このような方法が浸透している理由には、次のようなものがあります。まず、墓の維持費がかかることです。寺に墓を設置している場合、その寺の檀家となり、継続的にお金を納める必要があります。

また、墓を建てたとしても、子孫がいなければ管理および維持してくれる人がいなくなってしまいます。そして、環境への配慮もあります。火葬を行うと、二酸化炭素が発生しますが、日本のように火葬が頻繁に行われている国では、諸外国に比べより発生しやすいといわれています。なお、自然葬は骨を散骨することを指していましたが、最近では骨壺を用いず土の中へ直接入れることを指すようにもなってきました。

これは、アメリカやカナダなどの欧米で行われている埋葬方法と一緒です。自然葬は法律に抵触することもありますが、正しい方法で行うことで、法律には抵触しません。日本で一般的になりつつ自然葬ですが、古くは平安時代から行われていたとする説もあります。多くの場合、河川や山、海に骨を散骨してきました。

それらの行動の背景には、いずれも自然への回帰を願うものがありました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です