希望する人が増えている自然葬

埋葬方法のひとつに自然葬があり、遺骨を自然界に返す方法や、墓標に人工物を使用しない方法を指します。海外では行われている所が多くありますが、日本では昭和23年に出来た法律の中で、墓地以外での埋葬を禁じた一文があるため、違法行為と認識されていました。その後、散骨は対象外であるという見解を示したため、実施されるようになってきました。現在、自然に帰りたいという本人の希望などにより増えていますが、その背景に少子化や核家族化が進み、家系を重んじる墓の管理が難しくなった事もあります。

自然葬の中には散骨があり、規制はありませんが骨は1~2ミリのパウダー状にまで粉砕しています。海に蒔く場合は、港湾内や漁場を避け、公海に蒔くのが常識になっています。また、土に返す場合は、その土地の管理者や所有者に許可を貰う必要があります。その他の自然葬に土葬がありますが、禁止している市区町村もありますので確認が必要です。

また禁止していない市区町村でも、埋葬できない墓地もありますので確認して下さい。自然葬の中に墓標の代わりに木や花の樹木を用いる樹木葬というのがあります。これもどこの墓地でも出来る訳ではなく、場所が決められています。その他自然葬と言われている物には、空から散骨する風葬や、日本では行なわれていませんが鳥葬や水葬などもあります。

今では専門に取り扱っている業者があり、手続きや細かい注意点も把握してくれていますので依頼する事をお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です