自然葬についての考え方

日本人の場合、死んだら火葬がほとんです。昔は土葬が一般的でしたが、衛生面上を考えて火葬へと現在に至っています。地域によって土葬がまだ残っています。死への考え方が多様化している現在、理想的な死への世界へと考えるようになってきています。

自然葬、いわゆる1つの例として、砕いた骨を海に葬る水葬といったのは、例外を除いて禁止されています。ところが木々や花々に囲まれた場所に葬ってほしいといった自然葬が今静かなブームなのです。一番多いのが、自分の庭に葬ってほしいということです。慣れ親しんだ場所に自分の魂があることで、本人や家族が安心できるわけです。

土地などがあまりない都会では、葬る場所を確保し、そこの一帯に花畑が植えられています。これは一般の企業がビジネスとして取組んでいます。そのような場所を好む人も多いため、今や需要があるので、成り立っています。このように土地があまりない都会などでは、これからこのような自然葬が増えていくだろうと予想されています。

ですがほとんどは火葬されるとお墓に祀られます。日本人の宗教観念からそのほうが当然といった考えです。先ほど述べた自然葬も今や時代の流れなのです。ロケット産業が発展してくると、宇宙葬が当たり前の時代になってきてもおかしくないのです。

まさに「死んだ人は星になる」といった昔からの言い伝えが現実味を帯びようときているのです。死への考え方は人それぞれですが、まずは生きていることに後悔しない、有意義な人生を全うしたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です