緑の中で静かに眠れる自然葬

価値観や生活環境の変化から、死というものの捉え方についての考え方が以前とは異なるようになりました。お葬式も故人の意向を酌んだ、家族葬や密葬、直葬などが増えているように、お墓についての考え方も変わってきています。お墓に入らない選択する人は、入るお墓がないという場合や、お墓を継ぐ人がいないのでお墓を建てることが躊躇われるという場合もあります。また、先祖代々守ってきたお墓があるけれども、お墓を管理するには、お世話になっているお寺さんへの管理料を支払う必要があります。

しかし管理料は決して安くありませんし、自宅からお墓が離れている場合には墓参りをするのも大変ですから、墓を誰かに相続してもらうのも難しい状況になっています。そのため、遺骨を墓に納めるのではなく、自然葬という形を選ぶ人が増えています。自然葬の1つである樹木葬の特徴は、自然環境に配慮しているということです。自然の中から生まれて、自然の中に還っていくことをイメージした自然葬は、宗派を問わずに、誰でも埋葬できるのが魅力です。

家族だけでなく、ペットや血縁関係のない友人同士でも同じ区画に眠ることができるので、本当に仲の良い最後まで一緒にいたい大事な人のそばで眠ることができます。一般的に樹木葬はシンボルツリーの下に骨壷を収蔵する、または故人や遺族の好きな苗木を選んで植樹し、その下に骨壷を埋葬するという形が取られています。散骨が認められた自然の里山に散骨することも自然葬の1つとして考えられています。心からの供養ができる、色々な形式が増えています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です