自然葬を確実にするためのポイント

「一生を終えたら自然に還るのがあたりまえのこと」として、最近注目されているのが自然葬です。一言で自然葬いっても種類があり、良く耳にするのが「樹木葬」「海や山への散骨」です。生前に山や海に親しんだ方が自然葬を望むことが多い傾向があるようですが、その願いを実行するために必要なものが「遺書」です。家族の意向だけで執り行うのはなかなか難しいのが現状ですので、自身が希望する旨をしっかりと記入しておくことをおすすめします。

もうひとつが埋葬場所についてです。特に注意してほしいのが、樹木葬です。墓地埋葬法という法律によって、どこにでも遺骨を埋葬することはできません。必ず「墓地」と認可された霊園や寺院内の墓地で執り行うことが決められていますので、「自分の好きな川の桜の木の下がいい」などといった個人の好みだけでは、たとえ人里離れた場所であっても埋葬できません。

自分の好みの樹木葬を執り行える業者を生前に予め調べておくことが大切です。散骨については、「節度を持って行う限り、法的な問題はない」と法務省の見解が正式に発表されており、現状では各散骨業者の自主規制の範囲で行われています。ご自身が希望するエリアを管轄する業者がどこなのかを、あらかじめ調べておくことで、親族の負担を減らすこともできるでしょう。自身の一生のフィナーレに自然葬を選びたいと考える方は、とにもかくにも生前の準備がものを言うということを理解したうえで、納得のいく葬儀が執り行えるとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です