自然葬を選ぶ人が増えています

遺体や遺灰をお墓に納めるのではなく、遺骨を粉砕して散骨したり遺骨の上に木を植えて樹木葬にするといった、自然葬を選ぶ人が増えています。少子化や家族の形態が変わり、墓守をする人がいないことや、墓の維持には費用がかかりますが、それらの負担を子供らに任せるのが忍びないといったことから、自然葬を選ぶ人がいます。また、人間も動物や植物と同じように自然の大きなサイクルの1つだと考えて、自然の中に回帰していこうという考えで自然葬を選択することがあります。自然葬の1つである散骨をする場合は、業者に任せるのではなく、遺族が散骨することができるので、最後のお別れをすることができます。

故人を火葬したのち、故人や遺族が散骨に適していると考えた場所で散骨をすることになります。海や山など自然の中で散骨をする場合が多いですが、場所によっては散骨を禁止している場所もありますので、散骨する前に確認することが必要です。海の場合には、船をチャーターして散骨する方法をとっている人が多いです。樹木葬の場合は、霊園や自治体が樹木葬のスペースを利用する場合には、環境整備費として使用料を支払う必要があります。

しかし使用料もお墓を管理することを考えると、とてもお安い料金になっています。また樹木葬は緑あふれる公園のように温かい雰囲気がありますから、遺族が樹木葬の霊園を訪れても、悲しい気持ちになるのではなく、安らげるような空間になっています。喪服のことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です