新しい埋葬の形、自然葬とは

日本では今まで先祖代々のお墓があり、亡くなったらそのお墓に埋葬するという方法が主流でした。ですが近年、お墓にとらわれない自然葬というやり方が注目されています。自然葬とは海や山、宇宙などに散骨する方法と、樹や草花の下に埋葬する樹木葬があります。どちらの方法も宗教や宗派は関係がなく、どの方でも受け入れることができます。

また、お墓に建てられているような墓石も必要がなく、継承していくというスタイルではありません。自然に帰る、という発想が基本となっています。自然葬で特に注目されているのが樹木葬と、海洋葬です。樹木葬はお骨を埋葬するため、埋葬法にのっとり、決められた場所に埋葬する必要があります。

だいたいは山際の霊園か、寺院の一角、ということが多いですが、公園のような作りになっているので、墓地よりも明るく穏やかな雰囲気になっています。墓石のかわりに好きな樹を植えるので、霊園全体、自然が豊かになっています。樹木葬の場合は、樹の手入れなども霊園で行ってもらえますので頻繁に手入れに行く必要がありません。自由に好きな時に行くことができます。

海洋葬は海に散骨する方法です。海が好きだから、という理由で選ばれる方が多いです。海洋葬もまた、勝手にまくことはできません。漁場の関係や生態系への影響、人々の心情などを考慮し陸からある程度離れたエリア、と決められています。

また、お骨もパウダー状にしなくてはなりません。海全体が墓石となるので、親族の理解を得る必要があります。自然葬は自分はどうしたいか、ということが大事になってくるので、あらかじめ計画をしておくようにします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です