葬儀における男性の服装について

葬儀においては、昼間の儀式となるために、正式な喪服としてはモーニングコート、いわゆるモーニングの着用となります。この場合には、ズボンは黒か、黒とグレイの縦縞のものを着用します。ネクタイは黒無地となり、タイピンの使用は行いません。ベスト、靴、靴下、手袋も黒にし、カフスボタンを使用する場合にはできるだけ目立たないものにします。

しかし、最近ではよほど格式が高い葬儀を除いてはモーニングが着用されることはなく、参列者がオーバードレスになることには注意をする必要があります。一般的には黒の略礼服となるブラックスーツで問題はなく、この場合、シングルブレストでもダブルブレストでも気にすることなく使用することができます。そして、白無地のワイシャツに黒無地のネクタイを着用するようにします。また、急な場合やブラックスーツの持ち合せが無いような場合には、濃紺やチャコールグレーのダークスーツでも失礼に当たることはなく、この場合でもシャツは白、タイは黒を付けるようにします。

靴に関しては飾りのない黒が最適なタイプになり、特に靴下は黒無地以外はマナー違反となるために十分に注意をする必要があります。そしてアクセサリーもできるだけ避け、金色などのものは絶対に使用しないようにするが大切です。葬儀では、一般会葬者の場合では、ダークカラーのスラックスやブレザーでも問題はありませんが、原則、シャツとタイに関してはルールを守る必要があります。葬儀では和服の着用をする場合もあります。

この場合には、正式には黒紋付に袴となり、一般的には黒の羽織と袴を着用すれば問題はありません。足袋に関しては、黒か紺、場合によっては白足袋でも構わず、はきものは畳表の雪駄を使用することになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です